作田大輔さん(35)と晃一くん(2)

奈良勇一さん(29)と志穂さん(30)

左から高木煌史君(5)と高木康史さん(36)、鈴木一郎さん(54)と高木美寧ちゃん(7)

 サッカー・J1リーグは、サガン鳥栖をはじめとする18チームがホームアンドアウェーの2回戦総当たりでし烈なタイトル争いを続けている。ベストアメニティスタジアムで観戦するアウェーサポーターはサガン鳥栖やスタジアムの印象をどう感じているのだろう。5月27日の札幌戦で、相手サポーターに聞いてみた。

 ■札幌市出身で、初めて親子で観戦に来た作田大輔さん(35)と晃一くん(2)=栃木県。「佐賀ののどかなところが心地いい。やはり怖いのは豊田陽平選手。要注意です」

 ■サッカー観戦をきっかけに結婚したという札幌市出身の奈良勇一さん(29)と志穂さん(30)夫婦=東京都。「20歳以下日本代表の田川亨介選手に注目。鳥栖はアウェーサポーターを快く迎えてくれる温かさがある」

 ■会社の同僚で鳥栖市の高木康史さん(36)と札幌市の鈴木一郎さん(54)。「J1に昇格して対戦を心待ちにしていた。スタジアムの利便性の良さはもちろん、九州は人情も厚い!」

このエントリーをはてなブックマークに追加