■三養基

 原口 由莉華(はらぐち・ゆりか)吹奏楽部部長として定期演奏会では1000人超の聴衆を魅了した。1年夏の米国訪問を機に客室乗務員を志し、西南学院大で英語を学ぶ。「日本が誇るおもてなしを提供する」

 青柳 圭亮(あおやぎ・けいすけ)名門剣道部で2年時に県総体を制覇し、主将も務めた。日本大で剣道を続け、「全国制覇の夢を大学でかなえたい」。教師と高校剣道の指導者を目指す。みやき町。

 森崎 香奈(もりさき・かな)明朗活発な生徒会長で放送部副部長。山口県立大国際文化学部に進み「国際感覚豊かな通訳ガイドになる」。東京五輪でのボランティア挑戦も計画している。神埼市脊振町。

 牛島 由貴(うしじま・ゆき)県の高校生未来会議に参加し「地元に魅力を感じる若者を増やしたい」と決意を語る。佐賀大芸術地域デザイン学部を経て、日本赤十字社での勤務を夢見る。鳥栖市村田町。

 荒木 太(あらき・ふとし)1年時に陸上の紫村仁美氏から指導を受け「国内トップレベルの存在に刺激を受けた」。最後の夏に走り幅跳びで県制覇。体育教師を目指し国立大文系を志す。神埼市千代田町。

 山本 佳和(やまもと・よしかず)GKとして臨んだ最初で最後の公式戦でのシュートセーブが快感だった。「言葉を使って弱者を救う検事になりたい」と考え、国立大法学部を志望する。みやき町。

 大嶌 達矢(おおしま・たつや)野球部主将。夏の高校野球県大会で選手宣誓を務めた際には、胸に感謝の念があふれた。「支え、助けられる強くて優しい消防士になる」。国立大文系を志望。みやき町。

■神埼清明

 古賀 楓(こが・かえで)生徒会やテニスの部活動をやり遂げ、課題研究では断面がハートになるキュウリを栽培した。小糸九州に就職。「しっかりと学び、仕事に取り組む」。神埼市千代田町。(みどり系列)

 石橋 果奈(いしばし・かな)「何事も全力」。やり投げ競技に打ち込み、高校総体で九州大会に出場した。トヨタ紡織九州に入り、「礼儀を大切にする社会人になる」。吉野ケ里町。(食品科学系列)

 渡邊 晴香(わたなべ・はるか)吹奏楽部で活動し、簿記の原価計算1級を取得した。春からハウステンボススタッフになり「笑顔になってもらう接客のプロになる」。神埼市神埼町。(情報ビジネス系列)

 伊藤 凪(いとう・なぎ)生徒会長。介護施設で演奏会を開いた。西九州大に進み、福祉分野の勉強を続ける。「困っている人に寄り添い、身近な存在になりたい」と語る。神埼市神埼町。(生活・福祉系列)

 中島 朋哉(なかしま・ともや)野球部主将としてチームをけん引し、九州大会に出場した。高校教諭を志し、西日本工業大に進学。指導者として甲子園を目指す。小城市三日月町。(健康・スポーツ系列)

 森園 学士(もりぞの・まなと)男子ハンドボール部で県総体3位に貢献した。ブリヂストン鳥栖工場に就職する。「培った体力を生かし家族や先生に恩返ししたい」。みやき町。(健康・スポーツ系列)

 上山 耕平(うえやま・こうへい)新体操部主将。全国総体では団体準優勝した。中村調理製菓専門学校に進む。「一からのスタート。生涯かけて本格中華の店を開きたい」。小城市小城町。(人文教養系列)

このエントリーをはてなブックマークに追加