準決勝・伊万里―佐賀商 佐賀商1回裏2死二塁、5番龍野瞳依(右)が右中間に適時打を放ち、三塁に達する=みどりの森県営球場

 佐賀商打線が伊万里の主戦川原を攻略し、接戦を制した。

 佐賀商は初回、1番空閑の二塁打を足掛かりに、4番野中と5番龍野の連続適時打で2点を先制。3-2と詰め寄られた八回には5番龍野、代打上田の連打などで1死満塁の好機をつくると、8番永渕の右前打とスクイズで2点を加えた。

 伊万里は川原の立ち上がりを捉えられ、二回までに3失点。三、八回に1点ずつを返して追い上げたが、一歩及ばなかった。

 ▽準決勝(みどりの森県営球場)

伊万里001 000 010 2

佐賀商210 000 02× 5

▽三塁打 龍野(佐)▽二塁打 田中(伊)空閑、野中、平野、龍野(佐)

【光る夏】

 佐賀商の悩める主軸がついに目を覚ました。初回、1点を先行し、なおも2死二塁の場面。5番龍野瞳依が、甘く入った直球をはじき返すと打球はあっという間に右中間を転がった。三塁に勢いよく滑り込み、一塁側のベンチを振り返る龍野の目には、「よし、これでいける」と盛り上がるナインの姿が映り込んだ。

 4番野中翔太とともに中軸を担う龍野。だが、今大会は4試合を戦い9打数1安打と低迷していた。初戦・鳥栖商戦の第1打席で二塁打を放って以降、再三の好機にも快音を響かせることは無かった。

 「何がよくないのか」。龍野は無安打に終わった佐賀北との準々決勝後、500球以上のティーバッティングに没頭した。なんとか浮上のきっかけをつかもうという一念。練習後には、ベンチ入りがかなわなかった仲間に相談もした。

 その時、「おまえなら絶対やれる」と背中を押された。「あれで吹っ切れた」

 この日、龍野は鋭いスイングを連発し4打数3安打。勝利の原動力になった。

 ただダッグアウトから引き上げる表情に、喜びに浸る様子はなかった。「甲子園まであと一つ。最後は悔いがないスイングをするだけ」。決勝戦、仲間の支えに応えるためにも全力を尽くす。

 佐賀商・三島康維(遊撃手で九回1死一、二塁から好救援) 決勝も自分の出番があるかもしれない。打者としても足を使って貢献したい。

 伊万里・田中俊秀(八回に適時二塁打)何も考えずに思い切り打った。あと2勝で甲子園だったけど、自分たちの力は出し切った。

=高校野球選手権佐賀大会第13日=

このエントリーをはてなブックマークに追加