民間企業で働く入社1年目の社員を対象とした昨年の調査で、「管理職を目指したい」「どちらかというと目指したい」とする男性は計94%に上るのに対し、女性は計57・7%にとどまっていることが24日、分かった。管理職を目指さない理由(複数回答)として女性が最も多く挙げたのは「仕事と家庭の両立が困難になる」(66・7%)だった。

 女性の社会進出を後押しするための女性活躍推進法が施行されたが、女性新入社員の多くが将来に不安を抱えている実情が浮かび上がった。企業には長時間労働の是正など、家庭生活と両立しやすい職場環境づくりが求められている。

 調査は独立行政法人「国立女性教育会館」が昨年入社した新卒の正社員の男女を対象に同10月、インターネットを通じて実施し、1258人が回答した。

 女性が管理職を目指したくない理由で2番目に多かったのが「能力がない」(37・8%)で、「責任が重くなる」(32・2%)が続いた。

 「結婚・出産後も今の会社で働きたい」女性は70%を超えたが、約20%が「続けたくない」と回答。続けたくない理由(複数回答)は「家事・育児に時間をとりたい」(60・2%)が最多で、次いで「職場や仕事の状況で難しい」(48・4%)だった。

 「男性は外で働き、女性は家庭を守るべき」との考えを持つ人は男性は22・7%、女性は18・3%だった。一方、「子どもが3歳ぐらいまでは母親は仕事を持たず育児に専念すべきだ」と考える人は「どちらかというとそう思う」も含め、男性計50・4%、女性計44・4%に上った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加