食事処きたむらの「海鮮丼」

■海と山の魅力凝縮

 唐津市厳木町の岩屋インターそばにある食事処きたむら。平日のランチタイム限定で提供される一番人気の「海鮮丼」(864円)は、タイやサーモン、イワシ、イクラなど旬の魚に卵焼きを添えて彩りよく盛り付けた、ボリュームたっぷりの一品。魚の骨でだしを取ったみそ汁や小鉢も好評で、プラス162円で茶わん蒸しも付く。

 山あいで味わえる新鮮な海の幸を目当てに、仕事中のサラリーマンや家族連れでにぎわっている店は、もともと、1953年創業の鮮魚店として地域に親しまれてきた。近くのスーパーの鮮魚コーナーに出店して店舗が空いたことをきっかけに、すし屋で修業経験のある3代目の北村大樹さん(38)が飲食も始めた。「海沿いの店にも負けないように」と、店内にいけすを設け、唐津の市場で朝仕入れた新鮮な魚を提供。米は地元厳木町の天川コシヒカリの特A認定米を使用し、唐津が誇る海と山の素材の魅力を一杯のどんぶりに凝縮している。

 2月5日で開店から丸14年を迎えた。週末は宴会でもにぎわう。フェイスブックやLINEで情報を発信している。

店名  食事処きたむら
住所  唐津市厳木町岩屋1001―3
営業時間  11時~14時
17時~21時半
定休日  月曜定休
電話  0955(63)2015
このエントリーをはてなブックマークに追加