玄海原発再稼働に関する県民説明会の日程

 九州電力玄海原発3、4号機(東松浦郡玄海町)の再稼働に関し、佐賀県は7日、県民説明会の日程を発表した。21日の唐津市を皮切りに3月3日の鳥栖市まで県内5会場で開き、いずれも午後6時半から2時間半を予定している。

 適合性審査の概要やエネルギー政策、原子力防災、玄海原発の安全対策の4項目について、国の関係機関と九電の担当者が説明する。武雄市が22日、佐賀市27日、伊万里市28日。

 県内に在住か勤務する人が対象で、運転免許証や健康保険証、社員証などの提示が必要になる。県新エネルギー産業課は「県が説明会を設定する以上は多くの県民に説明を聞いてほしいと考えている。県民が会場に入れなくなる事態を防ぐ狙いがある」と説明している。

 複数の会場にも参加でき、先着順で満席になり次第締め切る。各会場とも託児所を用意しており、事前申し込みが必要になる。問い合わせは新エネルギー産業課0952(25)7380。

このエントリーをはてなブックマークに追加