ボシの中で揺らめくろうそくの炎が幻想的な世界を演出した=伊万里市の大川内山

 江戸時代に鍋島藩窯が置かれた伊万里市の大川内山で24日夜、夏の風物詩「ボシ灯ろうまつり」が開かれた。2500個のボシ(焼き物の焼成時に使用する耐火性の道具)の中でろうそくの淡い炎が揺らめき、「秘窯の里」は幻想的な光に包まれた。

 8月末まで行っている風鈴まつりのメインイベントの一つ。夕方から青螺(せいら)太鼓やコーラス、碗琴コンサートを楽しみ、周囲が暗くなり始めた午後7時すぎに、家族連れなどがろうそくに一つ一つ火をともした。伊万里鍋島焼会館前には、ヒマワリをモチーフにした絵柄が浮かび上がった。

 近くの川沿いの遊歩道にもボシの明かりをともし、せせらぎの音をBGMにした涼感あふれる風景を演出。大勢の来場者が写真や動画に“幽玄の美”を収めていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加