マダイとアラカブの稚魚を放流する子どもたち=伊万里市山代町の浦ノ崎桟橋

 日本釣振興会佐賀県支部(草野剛支部長)は、釣り場の環境保護と子どもたちに海に親しんでもらうことを目的に、伊万里湾の清掃と稚魚放流を行った。海の日の恒例行事で、家族連れなど約80人が参加した。

 参加者は3班に分かれ、伊万里市山代町の久原港周辺などで釣り場に落ちているごみを拾い集めた後、浦ノ崎桟橋に移動。マダイとアラカブの稚魚6000匹ずつを大人たちのバケツリレーで運び、子どもたちが「大きくなあれ」と声をそろえて海に放した。

 草野支部長は「子どもたちが将来、伊万里を離れたとしても、放流や清掃活動の経験が心の片隅に残り、ふるさとの海を思い出してくれるのでは」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加