◆大量リードで「悪夢」封じる 昨年、同じ決勝の舞台で味わった悔しさを歓喜に変えた。25日の全国高校野球選手権佐賀大会決勝で、唐津商が5年ぶりの頂点に立った。打線が爆発し、大量16得点。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加