気象庁は25日、8~10月の3カ月間の天候予報を発表した。全国的に気温の高い状態が続き、厳しい残暑となる可能性があるとしている。

 気象庁によると、太平洋高気圧が北に張り出すほか、大陸上のチベット高気圧の勢力も強く、日本列島は暖かい空気に覆われやすくなる。また、南から湿った気流が入り込むため、降水量は北日本(北海道、東北)と沖縄・奄美で平年並みか多めになる。

〈九州でも気温高く〉

 福岡管区気象台は25日、九州北部と山口県の3カ月予報(8~10月)を発表した。気温は高く、降水量はほぼ平年並みの見込み。

 8月は平年と同様に晴れの日が多い。9~10月は数日の周期で天気が変わる。

このエントリーをはてなブックマークに追加