佐賀空港への自衛隊新型輸送機オスプレイ配備計画を巡り、九州防衛局は25日、佐賀県有明海漁協を訪れ、施設配置案などを説明した。各地区の漁業者の代表や支所長ら約30人が出席。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加