暗闇で曲線を描くゲンジボタルの光跡=5日夜、小城市の荒谷ダム近く(30秒間露光で撮影した10枚を重ね合わせた)

 小城市の荒谷ダム近くで、ゲンジボタルが光を放ちながら飛び交い、見ごろを迎えている。日没後の暗闇で木々を背景に明滅する姿は“クリスマスツリー”に例えられる美しさだ。

 ホタルの名所として知られる小城市の祇園川では上流に向かって見ごろが移り、現在は荒谷ダム付近が最盛期。発光は求愛行動でパートナーを求めて競い合うように飛び回る。風がなく蒸し暑い日の午後8時から午後9時ごろまでが観賞に適しているという。

 見ごろに合わせて11日まで無料シャトルバスが岩松小から運行している。荒谷ダム入り口で清掃協力金100円を呼び掛けている。問い合わせは小城市商工観光課、電話0952(37)6129。

このエントリーをはてなブックマークに追加