佐賀信用金庫(佐賀市、杉町謙吾理事長)は、元本が保証される個人向け信託2商品の取り扱いを始めた。生前贈与や相続対策への関心が高まることを受け、シニア向けサービスを強化する。

 いずれも信金中央金庫の商品で、信託期間は5年以上30年以内。相続信託「こころのバトン」は老後の生活費の受け取り、家族に残す資金を指定できる。信託金額は100万円以上3千万円。

 暦年信託「こころのリボン」は、3親等以内の親族に生前贈与する商品で、最大9人まで受け取り人を指定できる。年間110万円まで非課税で贈与できる税制を利用し、相続税の負担を軽減する。信託金額は500万円以上。

 9月末までの新規契約者には、信託金額に応じてギフトカードやギフトカタログをプレゼントする。

 問い合わせは同金庫本店営業部、電話0952(22)2145。

このエントリーをはてなブックマークに追加