「健康で幸せな生き方」と題し話す鎌田實さん=佐賀市文化会館

 医師で作家の鎌田實さんの講演会が8日、佐賀市文化会館であった。「病院で検査をしたら、生活習慣をちょっとだけ変える。これこそが大切」と行動を変化させる重要性を強調。ユーモアたっぷりに笑顔で健康に生きるヒントを話した。

 講演会はミズ・溝上薬局が主催し、テーマは「健康で幸せな生き方」。鎌田さんは長野県で健康づくり運動を展開し長寿日本一に導いてきたことや、東日本大震災の被災地支援での経験を基に話した。

 多くの人が陥りがちな行動パターンに「何万円もかけて検査をして、翌日からの生活は何も変えないこと」を挙げた。減塩や野菜をたくさん食べることなど、すぐに取り組める方法を紹介した上で、最も意味があることとして「仕事やボランティアといった生きがいや目標を持つこと」を薦めた。

 女性よりも平均寿命が短い男性に対しては、もっと楽天的に生きようと呼びかけた。「人生は一回だけ。もっと自由に面白く」と来場者1500人に語りかけた。

 このほか、桂歌春さんによる落語などもあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加