「ろんだん佐賀」でもおなじみの大嶋仁さん

 大学がない唐津で学びの場を提供する「からつ塾」が、15日午後3時から唐津市JR東唐津駅北側の唐津ビジネスカレッジで開かれる。発起人で福岡大名誉教授の大嶋仁さんが講演する。

 テーマは「科学の時代に文学は必要か」。国家戦略として科学技術が重視され、大学改革でも社会的要請の高い理系に力点が置かれる中、思考力の根本となる文学の意義を再考する。

 からつ塾は2003年の開講以来、今回で120回目を迎え、塾にとっても原点を確認する講座となりそうだ。参加費一般1000円、学生500円。今回から会場を変更している。問い合わせは電話0955(77)1771。

このエントリーをはてなブックマークに追加