■最終回、意地の3連打 自慢の打線が影を潜めた。チーム打率3割7分4厘と好調を維持してきた佐賀商打線が、唐津商の谷口の前に8安打5得点。森田剛史監督は「打ち勝つチームをつくってきた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加