■開門是非混迷の一途 強いられた漁と農の対立 長崎県の国営諫早湾干拓事業に絡む裁判は、潮受け堤防排水門の開門の是非について相反する二つの司法判断が国に課される異例の事態となっている。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加