あこがれだった夏の決勝のマウンドで、最後は勝利の雄たけびをあげた。唐津商は初戦から4試合連続先発の右腕谷口優成が、佐賀商打線を8安打に抑える好投。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加