伊万里市山代町のMR浦ノ崎駅では、桜がアーチ状に咲き誇り、映画のワンシーンのような景色をつくり出している。無人駅の構内には約90本のソメイヨシノが植えられ、1時間に2本、白い電車が停車し、桜とMRを一緒に撮れるシャッターチャンスが訪れる。普段は人けの少ない駅だが、満開の季節になると多くのアマチュアカメラマンが集まり写真の腕を競う。

★電子新聞に動画 登録、即利用可、翌月末まで無料の電子版の申し込みはこちら

 ▽場所 伊万里市の中心市街地から長崎県松浦市方面に約13キロ。MRを利用すれば伊万里駅から約30分▽見ごろ 9日で満開

満開の桜のアーチの中を通過する松浦鉄道の車両=伊万里市山代町のMR浦ノ崎駅(10日)

このエントリーをはてなブックマークに追加